2016年5月10日火曜日

永井さんのいちご

今年は暑いねぇなんて話していたら、あぁもう立夏なんですね。
昨日はお気に入りのいちご屋さんのいちごでシロップを作りました。
そろそろいちごの季節も終わりですね。。
今年は冬が暑かったせいか、なんだか少しぼんやりしたいちごが多かった気がします。
甘いけど、酸味が少ない、そんな感じ。
そんな中でも、永井さんのいちごは香りが抜群、ジューシーでおいしかった。

来年はエキビレッジでもおいしいイチゴ屋さんを紹介できたらな~って思っています。


<我が家のいちごシロップの作り方>
①いちごのヘタを取り軽く洗って水分がとれたら、大きいものは半分に切る。切らなくてもOK。
②いちごと同量の上白糖を用意する。熱湯消毒して乾燥させた瓶を用意する。
③上白糖→いちご→上白糖→いちご→上白糖の順に瓶に入れる。一番下と上が上白糖。
④空気が入るようにキッチンペーパーやガーゼなどでふたをし、輪ゴムで留める。
⑤一日二回かきまぜる。木べらでもいいですが、きれいに洗った素手で混ぜてもOK。
半日ほどでこんなに水分が出ていました。
いちごのいい香りも漂い始めましたよ。
⑥砂糖が全て溶けて、なめてみていちごの味や香りがシロップに移っていれば、完成。
 だいたい一週間~十日位かな。
⑦完成したらいちごをこして、冷蔵庫保存。沢山ある場合は冷凍保存もできます。
 残ったいちごはジャムにしたりパンやお菓子に入れたりお好みで。ただ、いちごのおいしさのほとんどはシロップに出てしまっているかもしれません…

我が家では、シロップ作りには料理で使っているきび糖やてんさい糖ではなく、あえて上白糖を使っています。いろいろ試したところ、上白糖が一番素材の味をシンプルにストレートに引き出してくれるような気がしたから。他の砂糖でも作れますので、いろいろ試して比べてみても楽しいかもしれませんね!


今週どこかで、今月のエキビレッジの出店スケジュールをアップします。
こちらもどうぞお楽しみに!


(とんこ)

0 件のコメント:

コメントを投稿