2015年12月19日土曜日

vol.16-⑧農cafe

おはようございます。
昨夜はグンと冷え込みましたね。
大丈夫と思っていても、お風呂に入ると体が冷えていることに気づきます。
みなさまも、風邪などひかないようにお気をつけください!

今日は、8組目の出展者さん「農cafe」さんのご紹介。

農cafeさんは、カフェといっても毎日営業している飲食店というわけではなく、
榛東村でお米や梅の栽培をしながら、週に一度、BIO SHOPという形でのカフェ営業やイベントでの野菜販売、梅作業や田植えなどの農業体験、上映会や講習会なども企画しています。

楽しく、シンプルに、ゆるやかに

農cafe・岩田さんと話していると今までよりも少し“農”を身近に感じます。
そんな岩田さんの作る梅干しや梅ジャムはどれも素朴なおいしさ。
買物をしながら、“農”にまつわるいろんな話も聞けるかもしれません。

エキビレッジをきっかけに、出会った人が、足を運ぶようになったら素敵だなぁ、と思っています。

12月26日(土)のみの出展です。

農cafe/榛東村
【梅干し、小梅ピクルス、梅醤油、梅ジャム、杏ジャム、菊芋、柚子など】
◆12月26日(土)出展◆

  

はるな山麓で、農cafe『楽しくシンプルに農的な暮らしをやってみよう!』という活動をしながら、
自然農法で梅とお米を作っています。
【農Cafeとは】農家とCafeを組み合わせてみました(私的造語) 

『農cafe』は♪楽しく集う農家のイベントです。 
誰もが、それぞれのスタイルで楽しんでいただきたい。 
これは、農業のすばらしさだと思ってます。 
バラエティに跳んだ企画で、皆様のご参加お待ち申し上げております。 

築100年の養蚕農家の再生古民家自体を指す事もあります。

まだデザイン学校の学生であったころ、 
初めて郷里を離れて気がついたのは、農村の原風景の美しさでした。
なんとしても残して活きたいと考えました。 
博物館でもなく、資料館でもない、 
農家の家として、ちゃんと機能し次世代に残したい! 
その思いが、今の梅、米生産に繋がっています。 
時には作業場であり、時には集いの場所であり、家族の団欒の場所でもあります。 

ここで何が生まれるのか?
皆で作っていけたら嬉しいです。

【出展者情報】
はるな山麓 農cafe
北群馬郡榛東村長岡
営業日:毎水曜 農cafeBIOSHOP
営業時間:14時〜日没まで!
ブログ:農cafe http://blogs.yahoo.co.jp/norino7096ken
HP:輝きこだわりの梅 http://ume.gunmablog.net/
梅のご紹介(東京ローカルレストラン):http://local-restaurant.jp/map/food.php?id=151

生梅、お米のお求めは、直接BIOSHOP又はイベント出店時に是非どうぞ!!
毎年6月最終日曜日は『梅まつり』(梅収穫祭)

0 件のコメント:

コメントを投稿