2014年4月15日火曜日

タカサキエキビレッジ vol.1 無事に開催いたしました。

今更の更新で申し訳ありません(*_*)
3月28日から30日までの三日間、JR高崎駅ロッテリア隣 特設会場にて開催いたしました「上州ぐんま産直市 タカサキエキビレッジ」は、沢山のお客様にご来場いただき、無事にすべての日程を終了いたしました。

ここで、ちょっとだけ当日の様子をアップさせていただきます。
初日はこんな感じでスタート。オープン前からお待ちいただいたお客さまもいらして
段取りも悪さや、レジの故障もあって、レジには行列が…
お客様にはご迷惑をおかけして申し訳ありません(*_*)

前橋・トンボベーカリーさんの天然酵母パン。夕方には売切れてしまう日も…。
一緒に出店していた農家さんが作った小麦や、すもの食堂で販売している有精卵を使ったコラボ商品もたくさん並びました。

主催者の一人、BIOSK(ビオスク)さんの作ったトマトソース。自分で育てたトマトを使っています。
口に入れた瞬間は優しいのに、口の中にじわっと広がるうま味に野菜の力強さを感じます。

高崎市内に店を構える“おむすび”屋「だるまだるま」さん。
お米は川場のお米〝ゆきほたか〟 具材も県内の素材を積極的に使っています。

お米にも具材にも並々ならぬこだわりで、これはもうおむすびの形をした“どんぶり料理”といっても過言ではありません。

写真左、前橋・こぐれ農場さんの石倉一本ねぎは、大根のようなズッシリ感が印象的でした。ゆっくりゆっくり時間をかけて育てた分、青い部分までトロトロで、ものすごい甘さ。

写真真ん中、下仁田町・大坂屋さんの菌床椎茸。
素朴で、しかもイケメンの若者が、肉厚でジューシーな椎茸を売るさまは、エキビレッジでもひときわ目を引きました。(旨いもの作れて、イケメンで、しかも性格も良い、ってちょっと反則だよ)

三日間、会場を見守ってくれた「ビレッジだるま」ちゃん

県内最大のロックイベント「GUNMA ROCK FESTIVAL」のロゴマークや、段ボールの組み立てダルマ「KDだるま」等のデザインを手掛けた、群馬が誇るデザイン事務所「マニアッカーズデザイン」さんにデザインしてもらったロゴマークを、創業80年の老舗だるま屋さん「今井だるま」さんが実物のだるまにしてもらった

 「タカサキエキビレッジ」の村長です。村長、お疲れさま。


 なにはともあれ、記念すべき第一回開催を三日間とも無事に終了出来ました。
 ご来場いただいた皆様、我々のやりたいことを暖かく見守っていただいたJR東日本の皆様、高崎駅の皆様に、この場を借りて御礼申し上げます。

 「タカサキエキビレッジ」は毎月一回のペースでの開催を予定しております。
 
 次回開催予定は5月3日(土)、4日(日)、場所は高崎駅東口2Fペレストリアンデッキ、となりますので、今回ご来場いただいた方も、また、今回は来られなかった方も是非お出かけ下さい。
 さらにレベルアップしたタカサキエキビレッジをお楽しみに。

 エキビレッジ実行委員会
 すもの食堂 金井 良平
 BIOSK 桜井 正喜

 

0 件のコメント:

コメントを投稿